ノベルティを使って集客力を上げてみましょう

長い間準備をしてようやく自分のお店を持てたという方も、先祖代々続くお店を守り続けている方も、たくさんいらっしゃるかと思います。ところで、最近お客さんが減ってしまった、もしくは開店したばかりでお客さんにお店の名前が知られていないとお悩みの方はいらっしゃいませんか。そんな時は、ノベルティを使ってみてはいかがでしょうか。ノベルティとは、お店の名前などを入れた景品のことです。喫茶店・飲食店でお店の名前が入ったマッチやライターなどを目にしたことがあると思います。


街頭での宣伝や折込チラシだけでは効果が上がらなかったならば、そういうものを作ってみるというのも一つの方法です。自分一人で一つ一つ手作りするのは大変なことですが、専門の業者ならば、少量からでもご注文を承っています。いきなり大量に作るのは不安だからまずは少量、という方にもしっかり対応できるようになっています。デザインも、業者と話し合って決めることができます。お店の名前だけではなく、業種やロゴなど強くアピールしたいところも印刷できますから、より宣伝効果は高まります。お店に置くだけではなく、店先で配布したり、営業先へのお土産として持参するなど、使い方はさまざまです。ノベルティを使った集客を、是非お考え下さい。ノベルティは直接お客様にお渡しする品のため、とても大きな印象と宣伝効果を持ちます。昨今の企業戦略において、販路と新規顧客の開拓の重要な施策の一つとして注目されており企業ブランディングの戦略に大きく関わる部分ですので、興味がおありの方も多いでしょう。


一般に企業イメージ、あるいは配布を行うイベントやその主催団体のイメージに合わせた品をブランドイメージ浸透、販促、あるいは記念品としてお渡ししますが、ブランディング戦略の一環としてまたは受け取るお客様に強く印象を与えたいといった場合はあえて配布を行う企業、団体、個人のイメージとは違ったノベルティをお渡しすることでより大きな費用対効果を得ることができますし、あえて希少価値性を持たせることもブランディング戦略においては大きな効果を得られることもあるでしょうからその選定はとても大事になります。受け取ったお客様が日常的に活用することが多い、カレンダーやボールペン、ストラップといったものを選べば、その宣伝費用効果は受け取ったお客様本人に留まらず、周りのお客様にも相乗効果を得ることができますし、飲食店などの店舗においてはガムや飴といったノベルティを配布するのも大きな宣伝効果が見込めますから目的や宣伝効果、場所を考慮して適切なものを選ぶと良いでしょう。