記念品としてのノベルティ

現在、どんな企業や会社などにも、自社の個性やオリジナリティが必要な時代になっている。人間と同じように、会社も個性なしでは他と同一視されるし、何かしらの魅力に欠けているとして、人気などが思うように向上しない場合がある。会社の商品の宣伝や販促のために、今注目を集めているのがノベルティだ。ノベルティにも様々な種類があるが、会社の名前が入ったグッズなどが、各所で人気を博している。それらは時には、プレミア価格が付けられたり、コレクターアイテムになったりするが、もしそうなった場合、会社の思惑はまさに大成功に繋がる。


これらは主に会社のイメージをユーザーに刻み込むだけではなく、形として残るので、ノベルティそのものが企業や会社の象徴といってもいい。私たちはそれを偶然受け取ったりして、恐らくは初めて会社名などを知ったりするだろう。そしてそれが時には、ボトルキャップやオイルライターのジッポーなどの具体的な形として人気に火がつき、会社の成功のきっかけとなるのである。どんな企業や会社にもシンボルは必要であり、主にそれを知ることによって、私たちにとってはっきりとしたイメージが定着する。シンボルが形であるならば、私たちはより具体的な会社のイメージを思い描きやすくなる。ノベルティグッズとはボールペンなどに企業の名前やブランド名を印刷し、販促の一環として無料で配布したものをいう。一度は貰ったことがあるのではないだろうか。有名な企業のロゴやブランド名が入ったボールペンであれば、普通のボールペンよりも貰ってうれしいものである。


最近ではボールペンなどの小物ではなく、ぬいぐるみやバッグなど個性溢れる商品がノベルティグッズとして出回っている。無料でそういったものが貰えるので、機会があればぜひ手に入れてみたい。企業側からしても無料で配布しても、それに伴って自社の名前やブランドをより多くの方に知ってもらうことができ、さらにそこから売り上げに繋がることもあるので利点がある。企業側からしても利点があり、貰う側にも利点がある。まさにwinwinの関係を作ることができるのはノベルティグッズの一番の良いところだろう。これから社会科見学や就職活動をする人たち等は、企業からそういったグッズをもらう機会が増えてくるはずだ。ただ無料で貰えるから貰うだけでなく、それはその企業について知るきっかけでもあるから、インターネット等で調べてみると面白いかも知れない。そうする事でそのグッズを考えた企業の目線、アイデアや思いを知ることができ、思わぬ収穫になると私は思う。